稼げない?詐欺?

100億円レジェンドトレーダーは稼げない?詐欺?高橋良彰の評判と口コミ情報

こんにちは。

「100億円レジェンドトレーダー」という無料オファーが出ています。
出しているのは、高橋良彰さんという方です。

紹介ページを見てみると、
「世界が奪い合った伝説の100億円トレーダー」、
「負けることは許されない」など、
射幸心をあおる言葉が大きな文字で書かれています。
そのせいか、この無料オファーに
興味を持たれてる方も多いようですね。

今回は、高橋良彰さんの「100億円レジェンドトレーダー」について、
評判や口コミを検証していきていきたいと思います。

100億円レジェンドトレーダーの内容は?詐欺?稼げない?

今回のオファーで高橋さんがオススメしてるのは、
スキャルピングという手法を使ったFXの投資です。

スキャルピングという言葉はあまり馴染みが無いように思いますので、
ここで簡単に説明しておきます。

スキャルピングとは、
数銭や数円単位の小さな値幅の取引を何度も重ねて利益を取っていく手法です。
たとえば、
米ドル/日本円のレートが104.735円の時に売りでエントリーし、
104.685円の時に買い戻すことで
5銭の値幅を利益として取ることができます。
1回の取引数量が1万通貨なら、これで500円の利益となります。
この取引と同じことを1日に10回行うと、1日の利益は5,000円になるわけです。
要するに、
「塵も積もれば山となる」手法ですね。

このやり方だと、取引画面に長時間いられない人には不向きだと思うのですが、
そのあたりはどうなのでしょうか。
調べてみたのですが、
まだ新しいオファーだからか、情報はありませんでした。

個人的な予想では、
このスキャルピング手法をAIを使って自動的に行う。
そのようなシステムを開発し販売しているのではないかと思います。
(事実と異なっていたらすいません。)

100億円レジェンドトレーダー(高橋良彰)の評判と口コミ

紹介ページによると、高橋良彰さんは、
50人の教え子が全員成功
17年間負けがゼロ
のトレーダーだそうです。

米国シリーズ3・商品取引員免許保持者。
(The Series 3 National Commodity Futures Examination)
シカゴで学んだ最先端の投資ノウハウを
日本に持ち込み、大成功を収めたパイオニア。
投資業界をリアルに描いた連載小説
『灰色白書』の主人公、高木清明のモデルでもある。

と紹介されています。

高橋さんの情報はこれ以上あまり出てこなかったのですが、
販売会社である「クロスリテイリング株式会社」は、
あまり評判が良くないようですね。
過去に悪質な情報商材を販売していたようですし、
創業者の山口孝志さんは、
脱税の容疑で東京地検により在宅起訴されたこともあるようです。

だからと言って、
今回の高橋良彰さんの100億円レジェンドトレーダーが詐欺である、
とは言い切れませんが、
やはり不安はありますよね。

今のところは「無料」となってますが、
この後、最終的に高額なお金を支払わされる可能性も、
ゼロではありません。

これをお読みの皆さんは、ぜひ慎重になっていただき、
参加するなら余剰資金で参加されるのがいいかと思います。

僕のお薦めの資産運用術

100億円レジェンドトレーダーは、
スキャルピングという手法を使って、FXで収入を手に入れることができます。
ただ、全貌がよく分からなく、
販売会社も少し怪しめの会社のようなので、
はたして本当に信用できるのか、不安ですよね。

僕は正直、とても不安に感じます。

僕は、しっかりとした実績があり、
ある程度収入も保証された再現性の高いビジネスを
したいと思ってます。

お金はすぐには稼げません。
時間も労力も必要です。
大切なのは、その時間と労力に見合った収入が見込めるか、ということです。

今はアフィリエイトを主にやっているのですが、
資産運用の一つとして、
FXの自動売買システムも活用しています。

無料で使えるシステムもあり、
僕も実際に使ってますが、
月利20~30%の運用ができているのでお薦めです。
もちろん複利なので、
長くやればやるほど収入がアップしていきます。

もし興味がある方は、
実際の実績も載せているので、
ぜひ見てみてください。

⇒[月利30%]無料で使えるFX自動売買ツールのモニター募集はこちら!

興味がある方は、僕の公式LINEアカウントに、
名前と意気込みのメッセージを送ってください!
お待ちしています!

公式LINEアカウントへの友達追加は下のリンクをクリック!
↓      ↓      ↓
⇒http://line.me/ti/p/%40406uiwud

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。